茨城県稲敷市の精神科、神経科、心療内科、内科、小児科、歯科の病院ならみやざきホスピタル

HOME > 看護部案内 > 看護師たちの現場の声
みやざきホスピタル看護部へようこそ!

看護師たちの現場の声

迷っていたら見学に! 私も実習を経て入職しました

message_photo04.jpg

古関看護師

私が最初に当院に足を踏み入れたのは、大学の精神看護学実習でした。初めての精神科で、身構えていたのを覚えています。2週間の実習を終えて、私を含め一緒に実習をした同級生も皆「楽しかった」というのが本音でした。実習が終わるのは「うれしい」はずなのに、なぜか「さみしい」と思ったのです。それほど実りの多い実習であったのはもちろん、精神科看護の魅力を肌で感じられるような環境だったのだと思います。
実際に職員として働いてみて、学生の頃に感じた感覚とのズレはほとんどありませんでした。それはプリセプターをはじめとした先輩方のフォローのおかげでもあると思います。まだまだ経験も知識も浅いので、院内外の研修や勉強会を活用しながら精神科看護を学んでいきたいと思っています。

看護師じゃなく精神科看護師として成長できる

message_photo_sekikawa.jpg

関川看護師

精神科って「身体じゃなくて心でしょ?」とよく言われます。私は迷わず「違うよ!心も身体も両方だよ」と答えます。私自身も身体の病気で入院したこともありましたが、その時思ったのは「看護師さんは私の身体が治ったか治っていないかしか看てくれないのかな?」という疑問でした。そこで心も身体も看護することのできる看護師になりたいと思い、精神科認定看護師を目指しました。そして、病院の支援のもと、精神科認定看護師になることができました。
当院は看護教育委員会を中心に精神科看護関連の勉強会を頻回に開催しており、看護を学ぶには最適であると思っています。精神科看護をやってみたいという方、ぜひ一緒にみやざきホスピタルで精神科看護やりませんか?

人と人との関わりが自分の成長にもつながっています

message_photo05.jpg

沼崎看護師

一般病棟に勤務していたときは、患者様を診るのではなく病気を診ていたように思います。精神疾患の患者様との関わりは、病院だけでなく家族や地域といった社会全体で関わっていくことが大切であり、また長期にわたる治療・サポートが必要になってくるため、良好な人間関係の構築が求められます。
精神疾患病棟は、患者様を通して高いコミュニケーションを学ぶことにより、看護師としてだけでなく、人として成長できる場であると感じています。精神疾患病棟初心者ではありますが、先輩方の対応を参考にしながら、自分なりの看護を学んでいきたいと思います。

定年後でも嘱託として無理なく勤務できる

message_photo03.jpg

岩崎看護師

スタッフに恵まれているので、毎日楽しく勤務させていただいています。何よりも、こうして定年後も人の役に立っていると感じながら働ける環境は大変ありがたいと思います。健康である限りずっとこのまま勤めていきたいと思っています。

求人のご案内 私たちと一緒に働きませんか 詳細はこちら
PageTop